科学的側面から解説!フィンジアは効果があるのか?

  • LINEで送る

髪でお悩みの男性の皆さん。こんにちは木村義和です。

今日は医薬部外品ですらない「フィンジア」について、医師の友達から聞いた情報をもとに科学的根拠のある商品なのかを徹底分析したいと思います。

と思ったのですが、まずはフィンジアを使っているユーザーについて調査を行い、スカルプケアできるのかを実際に使ったユーザーの声をもとに検証していきます。

フィンジアでスカルプケアをしている人を調査

フィンジアの使用6か月目でM字が薄くなった

薄毛改善

今まであらゆるスカルプケアを行って来ましたが、ここまで実感できたのは初めてでテンション上がりますね。やはりスカルプケアは辛抱強く信じて使っていくしかないんだなと改めて思いました。今まで消極的になっていた合コンも積極的に参加していこうという気持ちにもなります。
出典:http://www.ciberpoesia.net/

30日間で変化は感じられなかった

フィンジアの使用

薄毛が気になるつむじ部分に一ヶ月間試してみました。説明書にあった通り、お風呂上りに髪を乾かしたあとに7プッシュほど、朝寝癖を直したあとに5プッシュほどというサイクルですね。
たまに朝寝坊してできないも数日ありましたが、基本的には毎日続けてましたし、夜は酔っぱらって帰ってきても確実にスプレーするようにしてから寝るようにしていました。
心配していた頭皮への刺激や炎症はまったくありませんでしたが、写真が変わったように見えるだけで実際のところ変化は感じられないです。
ただネットの口コミを見ると3か月以上継続した人しか効果を実感していないので、もう少し継続してみようと思います。
出典:http://iacevents.org/

体験談からわかったこと

この他にも体験談はたくさんあったのですが、

  • 3か月以上フィンジアを使い続けて満足
  • 1~2か月フィンジアを使い続けたけど不満足

の2パターンでした。どうやらフィンジアはある程度の期間使い続けなければ効果がわからない商品のようです。

フィンジアに含まれる成分を科学的に分析!

フィンジアの成分

こちらはフィンジアの公式サイトに掲載されていた画像なのですが、

  • キャピキシル5%配合
  • ミノキシジル誘導体(ピディオキシジル)2%配合
  • ゲートアクセス理論 カプサイシン配合

という文言を確認することができます。
しかし多くの人はカプサイシンを除いて聞いたことすらない成分だと思います。

そこで、薬剤師の友人にこれらの成分が科学的にスカルプケアとして有効なのかを聞いてきたので、フィンジアを購入する前に必ず見てください。

キャピキシル

キャピキシルとは「アカツメクサ花エキス(ビオカニンA)」と「アセチルテトラペプチド-3」という2つの成分が主である混合物を指します。
そこで、キャピキシルが薄毛にどのような影響を及ぼすのかをそれぞれの成分を分析することで解説していきます。

成分①:ビオカニンA

ビオカニンA

ビオカニンAは上のような構造を持っており、イソフラボンの一種として女性ホルモンと似た働きと構造を持っています

またビオカニンAは男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼ還元酵素を阻害する効果があり、脱毛の原因を徹底的に排除します。

だからこそビオカニンAを多分に含んでいるアカツメクサの花エキスは薄毛に対して有効的なアプローチができるというわけです。

男性よりも女性の方が薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが5αリダクターゼ還元要素を阻害しているからであり、ビオカニンAならば女性ホルモンの少ない男性でも薄毛に効果的なアプローチをすることができますよ。

成分②:アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3
アセチル基(CH3CO−)にペプチドと呼ばれる複数のアミノ酸がつながった分子群が4つ(テトラ)結合しているこちらの成分は、4つのアミノ酸(アミノ(NH-)とカルボニル基(CO-)が結合しているもの)が存在しています。

アセチルテトラペプチド-3に含まれる4つのアミノ酸には強い細胞修復作用が備わっており、毛乳頭や毛母体を活性化させる作用を持っているので、薄毛へも有効的なアプローチをするというわけです。

また実験においてもアセチルテトラペプシド-3の毛髪成長効果は証明されております。
アセチルテトラペプチド-3の使用効果
参考文献:http://www.aroma-beauty.ru/

なぜアセチルテトラペプチド-3にこれほどの毛髪成長へのアプローチができるのかについてですが、ダラダラと説明するととても1ページに収まらないので、簡単にまとめると次の要因が大きく関わっています。

  • 抜け毛の原因である「炎症性サインカインを抑制する」
  • 髪の元となる毛包を支える環境(タンパク質組織)を整える
  • 毛周期の異常を整える

以上の3つを発揮するからこそ、アセチルテトラペプチド-3は8日間で毛髪成長を通常時の35%UPが可能となっているのです。

キャピキシルなら薄毛へ有効的なアプローチが…

できる!

ということがお分かりいただけたと思います。
フィンジアにはキャピシルが含まれていることにより、

  • 男性型脱毛症の原因を阻害し、脱毛を抑える
  • 毛髪環境を整えて、人間の育毛能力を上げる

ことができるからこそ薄毛へ有効的なアプローチができるというわけです。

ピディオキシジル

ミノキシジルとピディオキシジルの構造

ミノキシジルの誘導体であるピディオキシジルは上の構造を持っており、ミノキシジルの下の6員環が5員環となった構造です。

ミノキシジルでも薄毛へアプローチすることはできるのですが、副作用として「頭皮のかゆみ」「むくみ」「頭痛」「倦怠感」「血圧の低下」といった症状が起こることが課題でしたが、ピディオキシジルは5員環になったことで副作用の発症は現在のところ報告されていません。

ピディオキシジルにはミノキシジルが持つ効果を持っており、髪に対して次のようなアプローチをします。

  • 血管を広げるので血流が改善して薄毛へ良い影響を与える
  • 毛母の細胞分裂を活性化させ、毛を太くする
  • 年を重ね機能しなくなった毛母細胞を叩き起こす

副作用なしで薄毛に対してこれだけのアプローチができるからこそフィンジアにはピディオキシジルが2%も含まれています。

カプサイシン

ゲートアクセス理論のカプサイシン配合

フィンジアでは独自の研究を重ね「ゲートアクセス理論」を掲げており、この理論はカプサイシンのような辛いものを配合することで「キャピキシル」や「ピディオキシジル」のような成分を髪の毛の根元まで届かせるというものです。

このゲートアクセス理論は辛いものを食べると温度調節のために汗を掻く必要がある→毛穴を開こうとするという考えに基づくものですが、カプサイシンを口から摂取するのではなく、頭皮に塗るのは果たして効果があるものなのでしょうか??

ゲートアクセス理論は科学的には無関係だが、別の効果が発揮される

ゲートアクセス理論は頭皮へ塗った場合、特別効果のあるものだと科学的に根拠づけるものではないとのことでした。

しかし、カプサイシンには知覚神経を刺激する効果が存在しており、これは口に入れてなくても頭皮に塗っただけで効果が発揮されるものだそうです。

研究によるとカプサイシンで頭皮の知覚神経を刺激すると、髪の毛の根元のインスリン様成長因子-1が増加することが判明しています。

またインスリン様成長因子-1は薄毛に対して有効的なアプローチをするので、カプサイシンはフィンジアにとってなくてはならないものというわけです。

フィンジアは自信があるからこその全額返金保障

一般的にキャピキシルを配合しているものは通常のものと比べると高い傾向にあります。

もちろんフィンジアも例外ではなく、定期購入であっても9,980円(税込)と少し高い印象です。

しかし、同じキャピキシル系のものを比較した時に意外な事実がわかったのです。

フィンジアの価格

ご覧のように一番安いことがわかるでしょう。
しかもフィンジアには購入のハードルを下げる多くのメリットが存在しています。

  • 全額返金保障※だから失敗を恐れずに購入出来る
  • カプサイシンやピディオキシジルといった他にはない成分を配合
  • 定期縛りがないので試しやすい
  • 単品購入以外は送料・手数料無料

※ 全額返金保障の条件は公式サイトをチェックしてください。

フィンジアは自信があるからこそ多くの人が利用しやすいような仕組みを作っています。

しかしキャピキシル系のものが軒並み高いことからわかるように、フィンジアも無理な価格設定をしている可能性は十分にあります。

だからこそリスクが少なく試せる今の内に、購入することをお勧めしますよ?

  • LINEで送る