転職した医師が語る「転職の良いところと悪いところ」

  • LINEで送る

みなさんこんにちは。木村義和です。
先日、転職した医師の人たちにインタビュー形式で話を聞いてみたので、みなさんに共有したいと思います。

  • 自分は医局だから転職とは無縁だ
  • 医者は忙しいからQOL(生活の質)が低くて当たり前
  • 一般の人たちよりはお金をもらえているから満足

このような考えを持った人たちにとって、有意義な話を提供できると思うので是非記事を読んでみてください。
また、「自分は外科だけど病院の方針で内科の仕事をやらされている」や「年収に不満」といった悩みを抱える方にとっても転職した医師の話は参考になると思いますよ。

尾島幸雄さん(仮名/42歳/整形外科)の話

医者

尾島さんの転職データ
年収 2400万円→2500万円
地域 東京→東京
出勤日数 週5日→週4.5日
当直 月3回→なし
転職活動期間 1.5か月

医師のQOLは低い。それは環境次第だった!?

※挨拶は割愛させていただきます。

木村:尾島さんが転職に至ったきっかけを教えていただけますか?

尾島:病院の体制変更がきっかけです。ずっと前から少し下に見ていた麻酔科に転科させられると聞いて転職活動を始めました。

木村:なるほど(笑)これまでに転職を考えたことはありましたか?

尾島:ないです。麻酔科だけには絶対になりたくないと思ったのですが、医局の他の病院にも整形外科の椅子は余っていなかったので、市中病院で探そうと思いました。

木村:転職する上での不安はありましたか?

尾島:平日は病院勤務、休日も学会やレポート作成などでとても忙しかったので、医師として働きながら転職活動することなんてできるのか?非常に不安でした。

木村:実際に転職活動を行ってみてどうでしたか?

尾島振り返ってみれば意外と簡単で負担もなかったですね。ただ最初の一週間はどうしたら良いのかわからず知人の紹介を頼ろうとしましたが、あまり良い条件の求人がなくて困っていました。
なので知人の紹介をやめてネットで探そうと思ったんです。病院の信用性がわからない怖さはありましたけど…

木村:ネットでの就職活動はどんな形で行いましたか?

尾島:とある転職代理サービスへ登録して非公開求人を紹介してもらいました。市場に出回ってる求人と違って好条件の求人が揃っていることに驚きましたね。

木村:非公開求人以外に転職代理サービスを利用して良かったことってありますか?

尾島:医師の仕事で忙しかったのですが、転職が負担になることなく好条件の職場に就職できたことですかね。最初にエージェントの方とお会いして条件を設定するだけで、もう次は病院で面接でしたから。あっ面接もエージェントの方が同伴してくれて非常に助かりましたね。

木村:面接にも同伴するんですか?授業参観みたいですね(笑)

尾島:授業参観というよりも小学校受験に近かったですね(笑)僕自身はスキルのことをアピールして、エージェントの方は当直や年収などの勤務条件を交渉していましたので。

木村:なるほどですね(笑)逆にエージェントに頼んで損をしたなと感じたことってありますか?

尾島:そうですね。僕が転職を急いでいたのでスピードは申し分なかったのですが、面接の時に初めて病院を見たので病院の外側からしか信用度を判断できず、エージェントさんからの話が信用度の判断基準となってしまったことが惜しかったです。まあ僕が急いでいたことが大いに影響していたとは思いますけどね。

木村:なるほどです。確かに病院の内政事情はエージェントからの紹介だと見えにくい部分ではありますよね。実際勤務されて3か月経ちますけどどうですか?

尾島:エージェントの方に聞いていた雰囲気と多少は異なる部分もありますが、不満はないですね。もしかすると新しい病院に入って精神的なゆとりができたおかげで気にならないことが増えたとも言えそうです。

木村:精神的なゆとりですか?

尾島:はい。前の病院で働いていた時は医師というものは高給取りだけど、命に携わるしいっぱい働くから自分の生活の質(QOL)は二の次だと思っていたんです。でも新しい病院では給料の高い医師でも生活の質は環境次第で上がるし、上がったことで精神的なゆとりが生まれて、よく周りが見えるようになったということです。

木村:ありがとうございます。最後の質問になりますが、転職して良かったですか?

尾島:はい。僕は良かったと思っています。

転職サイトはこちら

堂上真さん(仮名/36歳/一般内科)の話

転職した医師

堂上さんの転職データ
年収 1200万円→1500万円
地域 岐阜→東京
出勤日数 週5日→週4.5日
当直 月4回→なし
転職活動期間 6か月

家族と過ごせる時間が増えた

※挨拶は割愛させていただきます。

木村:堂上さんが転職に至ったきっかけを教えていただけますか?

堂上:子供が小学生や中高生をどこで過ごすのがベストかを考えた時に、私も妻も都会で育っていたため田舎ではなく都会の方が子育てに便利だという結論に至りましたので東京への転職を決意いたしました。

木村:なるほど。僕も東京育ちなのでその気持ちわかります(笑)実際に東京で暮らしてみてどうですか?

堂上:やっぱりいいですね。交通の便がいいので何かあった時はすぐに自宅へ戻れますし、仕事面で言えば患者さんにプライベートで会うことも無くなりましたしね(笑)

木村:田舎だとそんな苦労があるんですね(笑)他に良かったことはありますか?

堂上:子育ての面で子供にいろんな経験をさせてあげることができるのはありがたいですね。田舎だと遊びに行ける場所が限られてしまっていたので。

木村:…らしいですね。僕の地方出身の友達もイオンしかない…って嘆いてました(笑)でも医師だから家族と過ごせる時間って限られているんじゃないですか?

堂上:私も大学医局に属して岐阜の病院にいた時は、2週間に1日子供と遊びに行けるかどうかでしたね。でも東京の市中病院に転職してからは、強制参加の学会もないし当直も0になったので週に1日は必ず子供をどこかへ遊びに連れていけてますね。勤めてから半年経ちますが、オンコール対応や呼び出しもないので、俺は本当に医師なのか?と疑問に思ったりします(笑)

木村:そうなんですね(笑)年収も上がってるみたいですし、その病院の求人見つけるの大変だったんじゃないですか??

堂上:私自身が求人を探したわけではないのでわからないですが、少なくともエージェントの方が持ってきてくださる非公開求人は同じような待遇ばかりだったので結構あるんじゃないですか?

木村:非公開求人なので正解はわからないですが、エージェントの方が頑張ってくれたんだと思いますよ(笑)

堂上:今思えば、確かにそうかもしれませんね。面接にもついてきてくれたんですが、当初掲示された年収より100万円上乗せてくれましたからね。

木村:多分じゃなくて絶対(笑)

転職サイトはこちら

二人の医師のインタビューを終えて、わかったこと

二人の転職を経験した医師のインタビューから

  • 医師の転職はエージェントに依頼するとお得
  • 医師の転職はQOLや年収が上がりやすい
  • 医師の転職は非公開求人に好条件が眠っている

ということがわかりました。

いずれにしても転職エージェントに無料登録することから、年収やQOLの向上への道は開けるので、現状に満足していないなら二人が登録した下のサイトがオススメです。
もし転職を考えていなくても非公開求人に興味あるなら、一見の価値ありですよ。

転職サイトはこちら

  • LINEで送る