医者が儲かる?忙しいだけだろ

  • LINEで送る
  • 当直
  • 待機
  • 学会
  • 急な呼び出し
  • 休日?正月?そんなもの決まってない

医師、特に大学医局に属して大学病院に勤務する医師は一般企業の比較にならないほど多くの業務をこなさなければならず、お金が使う暇がないからお金が貯まっているだけなのに、「お金持ちだから奢ってよ」「お金貸してよ」など言われた経験ありませんか??

確かに医師の年収は高いです。

実際に平均年収は、スポーツ選手や国会議員などの特殊な職業を除けば、パイロットの次に高い1,284万円となっています。

平均年収ランキング(平成27年)
パイロット 1,291万円
医師 1,284万円
大学教授 1,000万円
大学助教授 807万円
公認会計士 789万円
記者 768万円
弁護士 719万円
大学講師 689万円
高等学校教員 685万円
歯科医師 681万円

※参考:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」

しかし、この数字は開業医師や美容整形外科医を含んだ平均値であり、大学医局に属し大学病院に勤務する医師は教授であっても1200~1500万円と言われています。准教授以下に至っては1000万円以下と考えてよいでしょう。教授になったとしても、教授になる頃には50代となっており、開業医はおろか、一般企業に勤めている友人にすら年収で負けているという状況もありえます。

当直,待機,学会,急な呼び出し,休日・正月返上など一般企業に勤めていたら味わうことのない苦労があるにも関わらず、週休完全二日,残業月40時間まで,各種休暇制度など様々な労働基準に守られている一般企業の友人に年収まで負け、プライベートの時間が取れないためにQOL(生活の質)でも負けてしまうのは、人命のために働いているとはいえ、なんだか残念じゃないですか??

市中病院なら5年で1,000万円も可能

大学病院に勤務している医師と比べると、市中病院に勤務している医師の年収は高く、スタートの段階でも600~800万円と言われています。

また、大学病院では教授になる50代まで1,000万円に届かないことがほとんどですが、市中病院なら40代,あるいは30代といった若さで1,000万円を超える年収を得ることも可能です。

市中病院のデメリットとして、「有名な医師がいない」「先端医療から遠ざかる」などが挙げられますが、「収入を増やしたい」「多くの診療経験を積みあげたい」「QOLを高めたい」などの要望があるなら、市中病院で働くことをオススメします。

転職サイトを利用して市中病院に転職した医師たちの声

医局人事→転職サイトへ変えて転職した外科医(55歳)

消化器内科医
出典:DOCTORCAST

年収 1400万円→1700万円
休日 月2~3日→土日完全休日
「行きたい病院」を決めてから転職サイトを利用

医局人事で回された病院では外科医だったのですが、ある時から内科を始め他科の仕事が回ってくるようになり、それに嫌気がさして辞めました。
特に内科医は8人から4人に減ったことで、こちらにも内科の仕事が回ってくるようになり、外科として医師を続けたかった私にとっては耐えられない状況でした。
また、やりたい仕事ができないという点だけではなく、通勤時間が1時間以上かかることも常日頃から不満を感じており、家の近くで働きたかったということも私に転職を考えさせた理由の一つです。

医局人事で行ける他の病院も選択肢としてあったのですが、自分のやりたい外科,労働条件などから見て働きたいと思う病院がなかったので、今回初めて転職サイトを利用しました。

転職サイトはいくつか登録していたのですが、家の近所で働きたいと思っていた私は各サイトの非公開求人も含めて取り扱っているサイトだけを厳選して、求人情報が載っていなかったor条件が悪いサイトはきりました。
同じ求人情報のはずなのに大きく条件に差があるのは不思議な感じでしたね。あと、登録するだけなら無料なので暇なときに求人を見るスタイルも私に合ってました。

転職をするにあたって一番懸念していたことは、「時間がないこと」と「条件面でちゃんと折り合えるのか」ということでしたが、前者は転職サイトのコンサルタントが病院との日程調整を始め、連絡を全て行ってくれたので普段の医師業務に何の支障もなく転職活動を進めることができました。
後者については、金銭面で大いに満足しており、100万円も掲示条件に上乗せてもらえたのはコンサルタントさんのおかげだと思っています。

大学病院→市中病院へ転職した整形外科医(44歳)

出典:www.recruit-dc.co.jp

年収 1000万円→1400万円
当直 月5~6回→月2回
遠方の関連病院への異動を機に転職を決意

地方の国立大学の医局に属していたため、全国各地の病院を転々としてきました。
私自身も異動する度に1から人間関係を構築することが負担となっていたのですが、15年もの間一緒に引越しを続けてきた妻に落ち着いた暮らしをさせてあげたいということが一番の理由でした。

今回転職先を探すにあたってコンサルタントには①当直3回以内、②年収は現状維持かUP、③妻の地元という条件で探してもらったのですが、本当に転職サイトを頼って良かったです。希望の勤務地になっただけではなくて、年収が400万円もアップして生活や時間にゆとりが生まれ、医師として行う診察も今まで以上に患者と向き合えています。

業界最大手のエムスリーが所有する非公開求人で市中病院の募集要項をチェックする

エムスリーでは好条件の大学医局の情報もあり

大学病院に勤務=激務,低収入,低QOL

というわけでは決してありません!大学医局の中には市中病院とさほど変わらない条件で医師の雇用を行っている病院もあります。

大学病院から大学病院へ転職した眼科医(29歳)

出典:医師転職ドットコム

年収 500万円→700万円
当直 月4日→なし
心の休まる時間がなく、限界だった

前の大学病院では拘束時間が長く、平日は朝6時に出勤し夜0時前に帰宅する生活を送り、土日も緊急手術の際には手術補助のため出勤することが多かったです。
元々緊張しやすい私にとって、常に緊張している状態が続いたことで身も心も疲弊してしまいました。

恥ずかしい話、確固たる意志があって医師になったわけではなかったのでこれ以上プレッシャーがかかり続けるのは無理だと判断しました。
そして転職条件として、検診医なら命の危機に直面することはないと思ったので、検診医として働けて研修も行ってくれる病院を挙げました。

29歳ですぐに挫折した私が転職なんてできるのだろうか?という不安でいっぱいでしたが、コンサルタントの方が話を聞いてくださったおかげで不安を少し和らげることができ、非常にありがたかったです。

見つかった仕事場は、別の大学病院だったのですが、年収が200万円もアップしただけでなく、ほぼ定時に帰れて土日休みという好条件で、働いて3か月経ちますが今でも騙されているような気分です。

エムスリーの評判が高いのは非公開求人の多さにあった

実は医師の方が転職する際に、9割の方が非公開求人を利用しています。

医療機関が非公開求人を利用する理由は3つあり、

  • 役職付き求人のため、施設内の他の医師に知られたくない
  • 突然の欠員のため、条件を上げてでも医師が欲しい
  • 相場よりも好条件のため、実績のある会社に頼みたい

以上が挙げられます。

特に注目して欲しいのは3つ目の「相場よりも好条件のため、実績のある会社に頼みたい」という点であり、これこそがエムスリーが数多くの医療機関と医師の皆さんに選ばれている理由です。

入力項目は1分で済み、料金も完全無料で利用できるので、どんな求人があるのかを暇な時間にチェックしてみてくださいね。

  • LINEで送る